2016
2
Dec

絵日記

Perfect

やっと出した小さな芽を

いつも、こんなのじゃないと

踏みつけていたことに気づいた。

花の種を植えたなら

芽を出すと喜び

ワクワクしながら

花が咲くのを楽しみにするのに

いざ自分となると

苦労してやっと出てきたのに

こんな芽じゃないと

いつも踏みつけている。

描いていることが

楽しくなくなるのは

そのせいじゃないかと思う。

例え咲く花が

予想と違ってがっかりでも

許してあげられたらいいと思う。

ちょっとした変化を喜び

結果や人目を気にせずに

完成を楽しみにできたらいいと思う。

縛っているのは、何の呪文なのか。

でも、この魔法にかけたのは自分で、

解放できるのも自分なのだ。