2015
2
Dec

未分類

秋のイングリッシュローズ、グラハムトーマスの水彩画

先日行ってきた浜松の素敵なガーデンカフェ、ラ・ローズデバンさんに咲いていた、イングリッシュローズのグラハムトーマスです。

水彩で描いてみた。

バラ水彩画、グラハムトーマス

グラハムトーマスは、黄色の丈夫なイングリッシュローズ。秋の午後の光が透過して中心がオレンジ色に輝いていました。春にはたくさんの花が咲き見ごたえがありますが、秋の花を一輪づつじっくりと鑑賞するのも好きです。バラ愛好家の中にはむしろ秋のバラの方が、色が深くて美しいとさえ言う人もいますよね。

バラ水彩画、グラハムトーマス

今回使用したのは、ワトソン紙に透明水彩。光の当たる部分は紙の白ではなく、クレパスの白を最初に塗って、絵具をはじかせてみました。正直ちょっと汚くなったなぁ、というのが感想。やっぱりマスキングを買ってきた方が正解だったかも。

マジックアワー

ラ・ローズデバン

ラ・ローズデバンに着いたのは3時過ぎ。もうすでに夕方の気配が漂っています。三谷幸喜さんの映画「マジックアワー」までもうまもなくといったところ。

マジックアワーとは、夜と昼の境目の時間のこと。この時は風景がいつもと違って見え、何だか特別なことや不思議なことが起こりそうな気がしませんか?まったりとした贅沢な時間を過ごさせていただきました。

ラ・ローズデバンさんの詳しいレポートは、イマジンのサイトでご紹介しています。良ければそちらもご覧ください。